ー中高層住宅を対象にした研修会報告ー

<家具などの配置>

中高層住宅では、低層より上層の階の方が揺れが大きいのは一般に知られていますが、家電や家具の被害が一般住宅より多いことはあまり知られていません。


では、どのような点に気をつければよいのでしょうか?

<建物の立ち方>

横に長い団地などでは、横方向の揺れには強く縦方向の揺れには弱い。部屋の配置にしてもドアの位置を意識し、家具の置く位置によって危険度は

格段に違ってきます。もう一度自分の家の配置を見てみましょう。